<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ピラタスの丘は初夏

d0102327_1311283.jpg

蓼科高原ピラタスの丘は新緑のピークを迎えています。

梅雨の晴れ間は昔から「五月晴れ」と言われてきました。

そんな日にはこんな白樺の木陰にアウトドアチェアを引っ張り出して、森を吹き抜けるひんやりとした風に頬をなぶらせ、鳴き交わす野鳥の声に耳を傾けながらまどろむのです。

それははまさに至福のひとときです。

Posted by : ペンション・サンセット
[PR]
by pilatusnooka | 2008-06-30 01:34 | 夏のピラタス

18th 蓼科高原 バラクラ・フラワーショー

d0102327_1836749.jpg
d0102327_18362678.jpg
d0102327_18364235.jpg
6/20(金)から23(月)まで蓼科高原バラクラ イングリッシュ ガーデンで開催されています。期間中は多くのイベントやショップの出店があります。(P・ピラタス)
[PR]
by pilatusnooka | 2008-06-20 18:43 | 周辺観光

諏訪大社上社前宮 巨木の杜と古代ロマンを訪ねて

d0102327_1335582.jpg
諏訪大社は上社前宮(まえみや)、上社本宮(ほんみや)、下社春宮(はるみや)、下社秋宮(あきみや)の二社四宮から構成されています。茅野市内にあるのが前宮です。
d0102327_135236.jpg
門前町が発達し人々で賑わう他の三宮とは対照的に、前宮を訪れる人は僅かです。この日も本殿には私一人だけでした。盛夏の緑が素敵です。
d0102327_1363496.jpgd0102327_1365077.jpg

d0102327_1372062.jpgd0102327_13164615.jpg

・縄文人と弥生人の対立と融合を反映した?諏訪大社の4宮構成
・土着民の守矢氏が神長官となり、出雲出自の諏訪氏が大祝となった経緯
・土着の古代神ミシャクジ神と、御祭神である建御名方神(出雲系)の共存
・縄文の祭り?御柱信仰、蛇信仰、神降ろし、現人神etc
御柱祭の派手さばかりが注目されますが、縄文の狩猟民族と稲作を伝えた人々との関係を反映した歴史は、文化人類学的にみても興味深く、もっと注目されていい神社だと思います。

諏訪大社発祥の地であり、古代信仰の色彩が色濃く残る(ゆえに門前町の発達から取り残された?)のが前宮、巨木に囲まれれた境内は神秘的です。

茅野市のお越しの際、訪れてみてはいかがでしょうか。
前宮の拝観、駐車は無料、本宮とは車で数分の距離です。歴史に興味の有る方は近くの茅野市神長官守矢史料館を訪れてみるといいかもしれません。(モーティブ)

[PR]
by pilatusnooka | 2008-06-20 13:24 | 周辺観光

レンゲツツジが見頃です(6/20〜6/30頃)

d0102327_22392986.jpg

ピラタスの丘でもレンゲツツジの蛍光オレンジ色の花が咲き始めています。
霧ヶ峰の大群生地のレンゲツツジもちらほら咲き始めていて、見頃はいつも
より早くて、6/20〜6/30頃になりそうだとのことです。お見逃し無く!

d0102327_18571645.jpg

昨年の7月上旬の写真です。今年は1週間以上咲き始めが早いのでご注意下さい
黒澤明監督の映画「夢」のような幻想的な風景に感動すること間違いなしです!

Posted by : ペンション サンセット
[PR]
by pilatusnooka | 2008-06-10 22:33 | 周辺観光

第54回開山祭

d0102327_21184324.jpg
d0102327_21192524.jpg
d0102327_21195323.jpg
d0102327_2120263.jpg


6月1日は北八ヶ岳の開山祭でした。昨日の雨はすっかり上がり、気持ちの良い晴天の中たくさんの方がロープウェイの山頂駅付近に集まりました。私達はロープウェイを使わずに駐車場の横の登山口から登りました。約1時間半かけてゆっくり登りました。速い方は1時間くらいで山頂駅まで登れるみたいです。開山祭はいつもは北横岳の山頂付近で行われるのですが、今年は残雪が多く、登山者の安全を考慮して下の方での開催になったそうです。坪庭にもまだ少し雪が残っていました。記念のバッジを受け取って、行きには「疲れた~もう無理~」と言っていた息子ですが、帰りの下りは歌いながらるんるんで帰りました。 (P・たると)
[PR]
by pilatusnooka | 2008-06-01 21:34

JAZZ @ ピラタスの丘( 第3回 蓼科高原 ジャズ・コンサート )

d0102327_17364.jpg
『 来て、観て、触れて、心で感じて・・・そして、聴いて 』
作品に触れることが出来る数少ない美術館で力強さと生命力に溢れる彫刻の鑑賞とジャズのコラボが実現。プレイヤーと客席との距離はわずか数m。スタンダードナンバーをプロミュージシャン迫力の生演奏で・・・。

出演:深澤芳美とキャロライナシャウト http://www.f443.com/
1990年結成 東京を中心にコンサートやライブを活動。本場アメリカのジャズフェスティバルに出演する実力派。

深澤芳美(ピアノ) 高橋康廣(テナーサックス) 佐久間和(ギター) 田野重松(ベース)

日時:平成20年7月5日(土)
 ハッピー・ライブ(昼の部)14 : 00 ~ 15 : 50
 七夕、星に願いを(夜の部)20 : 00 ~ 21 : 50

会場:蓼科高原美術館(矢崎虎夫記念館)
    長野県茅野市北山4035(ピラタス蓼科ロープウェイ山麓駅向い)

料金:昼・夜とも各 2,000円   昼夜通し 3,000円

※ 会場都合により昼・夜とも100名様限定 ご予約はお早めに

ご予約・ご宿泊・お問合せはピラタスの丘ペンション村の各ペンションまたは下記まで

主催:蓼科観光協会(予約・問合せ ℡ 0266-67-2222)

共催:ピラタス蓼科ロープウェイ、ピラタスの丘ペンション村、富士見トラッドジャズ・ファミリー倶楽部

後援:茅野市観光連盟、信濃毎日新聞、長野日報社、週間すわ、市民新聞グループ

                                             (P・ピラタス)
[PR]
by pilatusnooka | 2008-06-01 01:12 | イベント